都城市郡医師会病院 救急科

都城市郡医師会病院 救急科
地域に密着し地域の救急医療を守ります。

地域の救急医療を守ることをミッションとします。

宮崎の救急医療体制は他県と比べるとかなり遅れています。
救急医の不足、救急病院の不足、教育体制の遅れなどが主な原因です。このままでは10年後20年後も同じ状況が続くことが懸念されました。平成24年4月宮崎大学病院に救命救急センターが設立され、ドクターヘリ事業も開始となりました。当院においても時期を同じくして救急科を設立しました。宮崎の救急医療の新しい歴史の始まりです。
当院救急科では各種の原因によるショック・外傷(多発外傷、頭部外傷、胸部外傷、腹部外傷、骨盤四肢外傷)・敗血症などによる多臓器不全・急性中毒・重症感染症(ガス壊疽、破傷風など)など、これまでの既存の診療科では対応する事が困難であった特殊な病態を有する疾患群を対象としています。またドクターカー事業を行っており交通事故など災害現場への出動を積極的に行っています。さらには平成26年秋に新病院が建設され、病棟の増床、集中治療室の増床、屋上ヘリポートなどの設置により病院機能も充実します。
そして我々はこの地域に密着しこの地域の救急医療を守ることをミッションとします。

map